このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ニュースリリース

小規模事業所のセキュリティ対策をまるごと支援するマネージドサービス
先進のAI技術とオンサイト対応を組み合わせた「RICOH サイバーセキュリティパック」を発売

2018年9月12日
リコージャパン株式会社
ソフォス株式会社

リコージャパン株式会社(東京都港区、代表取締役 社長執行役員:坂主 智弘、以下 リコージャパン)とソフォス株式会社(東京都港区、代表取締役:中西 智行、以下 ソフォス)は、AIを活用した高度なマルウェア検知・駆除とオンサイト対応による導入設置や業務再開支援をワンストップで提供する小規模事業所向けのマネージドセキュリティサービス「RICOH サイバーセキュリティパック」を2018年9月21日に発売し、全国展開します。

近年、セキュリティに対する脅威がますます凶悪化、巧妙化するなかで、セキュリティ対策は企業規模に関わらず最重要課題の一つとなっています。次々と発生する新種や亜種のマルウェアやなりすましによる標的型攻撃メールといった日々進化するサイバー攻撃に対して、企業が自社のリソースのみで対応することは技術的にもコスト的にも困難となっています。専任のIT管理者の確保が難しい中小企業においては特に困難な状況にあり、小規模事業所ではウイルス対策ソフトの導入などの限られた対策しか実施できていないケースも多い状況です。

「RICOH サイバーセキュリティパック」は、これまでセキュリティ対策が十分に行えていない10人以下の小規模事業所向けに新たに商品化したもので、複数のセキュリティ機能を1台に集約したUTM(Unified Threat Management:統合脅威管理装置)の導入設置から遠隔監視、マルウェアの検知・駆除、通知、お客様先でのデータ復旧までをパッケージ化したマネージドセキュリティサービスです。

日々増加するマルウェアの構造をAIが学習し、未知のマルウェアも確実に検知してデバイスの隔離やマルウェアの駆除までを自動で行うソフォスの次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティ技術と、お客様を24時間365日遠隔監視し、必要に応じてお客様先に駆けつけ、業務再開までを支援するリコージャパンのセンター&オンサイト保守を組み合わせたもので、「最先端のテクノロジーによる安心」と「人による安心」を提供し、小規模事業所のお客様をセキュリティ脅威からお守りします。

具体的には、①まもる(インターネットの出入口で不正通信を防御)、②見つける(AIを活用してマルウェアを検知し、自動で対象のデバイスをネットワークから隔離して駆除)、③知らせる(インシデントの発生や修復、復旧をセンターから連絡)、④かけつける(訪問が必要と判断した場合にカスタマーエンジニアがお客様先に訪問)、⑤復元する(バックアップデータを用いてPC環境を正常な状態に復元)という5つのステップをワンストップで提供することで、お客様の業務再開までをご支援し、事業継続性を確保します。

2019年初旬に発売する「みまもり復旧オプション」が必要です。
*
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。