このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
  • ホーム
  • EV充電器トータルサポート
ここから本文です

EV充電器トータルサポート

EV充電器トータルサポート

※画像はイメージです。

2017年のCOP23(国連気候変動枠組条約第23回締約国会議)においてCOP21で採択されたパリ協定を運用するためのルール作りをいっそう進めて行くことで合意されました。各国が地球温暖化対策を促進し、中でも自動車は欧州や中国を筆頭にガソリンエンジンから電気駆動のモーターへ切り替えが進みつつあります。日本でもその動きは加速しており、企業における電気自動車(EV:Electric Vehicle)への対応の流れはCSRや経済的合理性の観点から必至と考えられ、早期段階でインフラ構築・計画の推進が求められています。リコージャパンでは、EV充電器設備の整備を通じて地球温暖化に起因する温室効果ガスの削減に貢献するため、充電設備の販売から施工・運用・保守までをトータルでサポートします。

リコージャパンのEV充電器トータルサポート

Point1

設計から運用・保守までサポート

設計から運用・保守までサポート

お客様のニーズに合わせた最適なプランをワンストップでご提供します。

Point2

EV充電器をリースでご提供

設置をはじめ、万一の際の保険、安心安全のための点検などをトータルでご提供します。

EV充電器をリースでご提供
Point3
センターサービスによる運用

センターサービスによる運用

365日受付のコールセンターにて操作説明や修理手配など、運用についてもご相談をお受けします。

Point4
全国を網羅するリコージャパンのサービス体制で運用・保守をご支援

全国を網羅するリコージャパンのサービス体制で運用・保守をご支援

サービスステーション
400ヵ所以上
カスタマーエンジニア
4000人以上

EV充電器の設置により見込まれる効果

EV充電器を施設駐車場へ設置することで、来場者へのサービス強化による集客数の向上といった売上につながる効果だけでなく、地域社会貢献や環境配慮など、社会的側面におけるさまざまな価値の創出が見込まれます。

EV充電器の設置により見込まれる効果

設置場所例

  • ホテル
  • コンビニ
  • スーパー
  • 飲食店
  • 病院・福祉施設
  • 金融機関
  • 道の駅 
  • 工場・事業所
  • マンション
  • コインパーキング
  • ホームセンター
  • その他

見込まれる効果

  • 集客数増加・長時間滞在
  • 利用者満足度向上
  • 産業育成
  • 地域貢献・地方創生
  • 会員数増加
  • 環境保全

EV・EV充電器の運用例

リコージャパン導入ご支援事例を募集中です。

リコージャパンが導入のご支援をしたお客様を掲載させていただく予定です。
このWEBサイトを通してEV充電器の導入事例のみならず企業紹介などもさせて頂きますのでアピールの場としてご活用ください。(下記お問い合わせからご応募ください)

お問い合わせ

EV充電器のご紹介

EV充電器には、大きく分けて普通充電器と急速充電器があります。設置場所や充電時間、コストに応じて選ぶことができます。

急速充電器

急速充電器出先で緊急に短時間で充電する場合

電源に三相200Vを使用し、
出力50kwと大きな電力を使用します。

  • ・高圧受電が必要な場合が多く、比較的高価
  • ・短時間での充電が可能

※ニチコン社製となります。

普通充電器

普通充電器自宅・施設など一定時間駐車する場合

家庭などで使われている単相交流200V
または100Vを使用します。

  • ・設置コスト負担が少ない
  • ・急速充電に比べ充電に時間がかかる

※パナソニック社・豊田自動織機社製となります。

EV充電器トータルサポート紹介動画

よくあるお問い合わせ

  • ※一部提供準備中のサービスもございます。
  • ※このページに記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

リースやご購入に関する見積もり依頼やご相談をお待ちしております。

050-3817-2609

受付時間:平日(月~金)9時~17時(土日、祝祭日および弊社休業日を除く)

*ご利用の際には電話番号を良くお確かめの上、お間違えないようお願い申し上げます。
*お問い合わせの内容・発信者番号は対応状況の確認と対応品質の向上のため、録音・記録をさせていただいております。