このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

リコーRPA活用支援サービス

リコーRPA活用支援サービス

RPA(Robotic Process Automation)とは

「RPA」とは、従来、人が行っていた業務をソフトウェアロボットにより代行・代替することを表す言葉です。人の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラーの定型業務を担います。さらに、AIや機械学習といった技術を用いて、非構造データも扱うことで、定型業務以外の高度な業務での適用が期待されています。
また、OCRと組み合わせることで、紙帳票からデータを抽出し、データ入力、集計・加工、出力といった一連の受発注・請求業務なども自動化することが可能となってきます。

RPAと協働するメリット

1. 高品質な業務遂行

ロボットにルールとフローを正しく覚えさせれば、人の手による作業より遥かに正確で、見落としがなく高品質な業務を休みなく遂行することを実感することでしょう。 業務の変化には、ルールやフローを書き換えることで柔軟に対応でき、同じ間違いを繰り返すこともありません。

2. 人手不足解消

少子高齢化による社会問題での人手不足だけでなく、締め日ごとのピーク時対応の人の調達・調整に苦慮したり、休職や時短を補完するための人員育成が問題だったり、日常マネジメントで凌いでいた人手不足問題を、ロボットによる業務代行により品質や業務量を減らさずに解消することが可能になります。

3. 高付加価値業務へのシフト

定型業務をロボットで自動化することで、社員のリソースを本来やるべき高付加価値な業務に振り分ける事ができ、社員のモチベーションの向上、ワンランク上の業務へチャレンジなど、コスト削減だけでなく人財活用による企業の活性化・価値向上につながります。

リコーRPA活用支援サービス

リコージャパンではいち早くRPAを導入・活用し、バックオフィスにおける業務プロセスの自動化・効率化に取り組み、効果を上げるとともに「生産性の向上」「業務効率化による人財活性化」を推進し「働き方改革」を実現してきました。
その知見とお客様の要望を商品化し「リコーRPA活用支援サービス」としてご提供いたします。

RPAの試験導入から本稼働まで継続した導入支援を行うメニューから、RDAを活用した簡単導入支援までカバーしていますので、お客様のBPRにおけるRPA活用ニーズや業務環境に合わせ、ロボットによる業務効率化を支援いたします。

リコーRPA活用支援サービスメニュー

  • 本サービスは地域限定での提供とさせていただいております。詳しくは、お問い合わせください。

特長

既存システムの変更なく導入可能。

これまで行なってきた定型作業をRPAツールで記録させることが可能です。例えば、異なるシステム間でのデータ移動や連携をさせる際は、システム追加開発や人手による作業が必要となりましたが、一連の作業プロセスをRPAツールで記録させることが可能なため、既存システムを変更せず導入することができます。

定型業務(作業)なら、業種・業務に問わず、導入可能。

経理・財務部門で行なわれる販売処理・経費処理の事務処理だけではなく、営業部門やマーケティング部門などの、顧客リスト作成や情報収集などにも、活用可能です。

短期間での導入可能。

従来のシステム開発に比べて、ノンプログラミングによる、業務の自動化が可能です。

スモールスタート・低コストで導入可能。

RPA適用にあたり、導入効果を確認をしながら、段階的に、業務の拡張をすることが可能です。

業務フロー

(例)売掛金入金チェック業務

導入効果

社内実践ムービー

  • RPA:Robotic Process Automation
  • RDA:Robotic Desktop Automation
  • BPR:Business Process Reengineering
  • *1本サービスは地域限定での提供とさせていただいております。詳しくは、お問い合わせください。
  • *2記載されている会社名や商品名は、各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ

リコーRPA活用支援サービスに関するお問い合わせはこちらから受け付けています。