このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

街の魅力を、東京からも発信したい。
デジタル体験型アクティビティで、ユニークなイベントの実現に挑む。

にぎわい

画像:街の魅力を、東京からも発信したい。 デジタル体験型アクティビティで、ユニークなイベントの実現に挑む。

地域の魅力をアピールし、知名度を高めるためのシティプロモーション活動。
なかでもプロモーションイベントは全国各地で頻繁に行われ、
各自治体は集客にしのぎを削っています。
そんな過当競争に挑む自治体を支え、効果的なプロモーションを行うために。
リコージャパンは、新たなソリューションを提供しています。

イベント概要

『切手で巡る全国お城旅』

実施期間:
2016年7月23日(土)~ 29日(金)
開催場所:
JR東京駅前 JPタワー東京KITTE 地下1F「東京シティアイ」
主催:
福井県坂井市

INTRODUCTION(福井県坂井市)

福井県北部に位置し、県第2位の人口(平成28年6月1日時点)を持つ坂井市。東尋坊(写真)や丸岡城等の観光資源を有し、福井県一の観光客数を誇ります。花らっきょうの生産高日本一や、ブランド米「コシヒカリ」発祥の地としても知られ、「全国住みよさランキング」では5年連続5位以内に選出されています。

坂井市ホームページ:https://www.city.fukui-sakai.lg.jp/index.html

画像:Introduction

PROJECT STORY

限られた予算のなかで、効果を最大化するイベントを。

東尋坊などの観光名所があり、福井県随一の観光客数を誇る坂井市。この街では、さらなる地域の魅力の発信や認知度アップのために、平成28年度に「シティセールス推進課」を設置しました。しかし、広告にかけられる予算は十分とは言えません。限られた予算のなかで、いかに効果的なアピールを行うか。そこで、課のPR戦略に基づき企画されたのが、首都圏におけるプロモーションイベント『切手で巡る全国お城旅』でした。

画像:限られた予算のなかで、効果を最大化するイベントを。
1

坂井市のイメージを、カタチにするために。

坂井市のシティセールス推進課が検討したイベント原案は、以下のようなものでした。

  • ●一筆啓上賞*1を軸に、同日開催の日本郵便株式会社のイベント「2016ふみの日イベントinKITTE」と連携したイベントにしたい
  • ●一筆啓上の発祥の地・丸岡城を軸に、現存12天守城*2の自治体と連携したイベントにしたい
  • ●坂井市をアピールする物産展を行いたい
  • ●現存12天守城の各自治体の物産展も行いたい
  • ●子どもから大人まで楽しめて、外国人観光客も足を運ぶイベントにしたい

これらの複合的かつ広範囲なアイデアを、ともにまとめあげるためのパートナーを探していた坂井市。リコージャパンは、市のイメージをカタチにすべく、デジタルとアナログを融合させたプロモーションを提案しました。

画像:坂井市のイメージを、カタチにするために。
2

*1
一筆啓上賞

日本一古い天守閣を持つ丸岡城には、日本一短い手紙文が刻まれた石碑があります。このことを全国に知ってもらいつつ、本物の手紙文化の復権を目指す目的で開催されている手紙コンクールが一筆啓上賞です。丸岡町(現・坂井市)を一躍有名にした町おこし事業としても知られ、2016年で第24回を迎えます。

画像:一筆啓上賞

*2
現存12天守

最盛期は2万5000以上あった日本のお城も、江戸時代からの天守が現存しているのはわずか12城です。坂井市にある丸岡城はその貴重なひとつであり、現存最古の天守閣として知られています。

画像:現存12天守

斬新な提案と組織力が評価され、パートナー企業に採用。

坂井市側には、リコージャパンとイベントとの結びつきがイメージしにくく、その点を不安視する声もありました。しかし、他の応募企業にはない、デジタルとアナログを組み合わせて一筆啓上賞と丸岡城を広くアピールするという斬新な提案と、東京に本部を置く組織ならではのサポート体制が評価され、パートナー企業として採用されました。開催まで約1ヵ月。十分な時間がないながらも、毎週1回の定例会議を開催し、着実に準備を進行。提案のみならず、さまざまな機材の手配、運営マニュアルの作成まで対応し、いよいよイベント当日を迎えました。

画像:斬新な提案と組織力が評価され、パートナー企業に採用。
3

25,000人以上の来場者でにぎわい、イベントは大成功。

決して大きくはないスペースにも関わらず、連日多くの来場者でにぎわいました。特に初日は土曜日ということもあり、人の行き来に苦労するほどの盛況ぶり。 甲冑姿の武士が来場者を呼び込み、デジタル技術を駆使した体験型アクティビティで盛り上げ、物産展へと導くという理想的な流れが生まれ、7日間の来場者数はなんと25,000人以上。また、会場が東京駅前ということもあり、家族連れや外国人観光客も数多く来場するなど、プロモーションイベントは大成功で幕を閉じました。

画像:25,000人以上の来場者でにぎわい、イベントは大成功。
4

TOPICS

デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

甲冑姿の武士が誘引に大活躍! ITによる体験型アクティビティも連日笑顔にあふれ、特産物の販売も好調。効果的なプロモーションを行うことができました。

画像1:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

甲冑姿の武士は、外国人観光客からも大人気。

画像2:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

一筆啓上賞にその場で応募できるコーナーも。

画像3:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

VR技術を使った、丸岡城の360度パノラマ体験に夢中!

画像4:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

会場内の一筆啓上賞特設コーナー。モニターにタッチペンで絵や文字を描くと、その場ではがきサイズのカードにプリントされます。

画像5:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

物産コーナーでの特産物販売も好調!

画像6:デジタル×アナログのユニークな手法で、来場者の心をつかむ。

会場で描いた塗り絵が大画面に映し出され、丸岡城を背景に自由に動き出す斬新なアクティビティ。

REAL VOICE

リコーの全国組織ならではの連携力とホスピタリティの高さに脱帽!

今回リコーさんにお願いしたのは、ある種チャレンジでしたが大正解でした。甲冑武士による誘引→デジタル体感での興味付け→特産品販売、という流れが生まれ大成功でしたね。リコージャパンさんの福井支社と東京本部の連携の素晴らしさはさすが全国組織だと思いましたし、何よりこのイベントに関わっていただいたリコーさんの社員の皆様全員のホスピタリティの高さに脱帽でした。
一緒に仕事ができて本当に良かったと感謝しています。

画像:坂井市役所 総合政策部 シティセールス推進課 課長補佐 北川直規様

坂井市役所 総合政策部
シティセールス推進課
課長補佐
北川直規様

想像以上に喜んでいただけて何より!引き続き坂井市に貢献したい。

これまでもイベントに対して機材やサービスを提供することはありましたが、イベントそのものを受託するのは初めてのチャレンジでした。
想像以上に坂井市の皆様に喜んでいただき何よりです。引き続き坂井市活性化のためにできることを模索していきます。

画像:リコージャパン株式会社 福井支社 福井営業部 マネージャー 澤野恒平

リコージャパン株式会社
福井支社 福井営業部
マネージャー
澤野恒平

「丸岡城VRスコープ360度」を体験された来場者の声

木造の古くて渋い天守閣の中や急な階段の造りなどが、まるでその場で見ているかのようにリアルだった。ぜひ実物も見てみたい。(50代男性)

丸岡城は知らなかったけれど、すごく素敵なところですね、ぜひ秋の家族旅行で行ってみたいと思います。(40代女性)

今回の来日では2泊3日で金沢を訪問する予定。丸岡城にも足を伸ばしたいので、ルートを教えてください!
(欧米系外国人観光客)

丸岡城の国宝化を応援したいです!(20代男性 お城好き)

●丸岡城360度パノラマ映像

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ